モルフォ

二度訪れたブラジルのアマゾン河口のベレン市の想い出から、1997年に「モルフォ」というCDを制作しました。
「モルフォ」
モルフォ
(税込価格 2,800円)
参加ミュージシャン

秋元カヲル(Programming)
EPO(Voice)

笹子重治(Guiter)
秋岡 欧(Bandolim)
沢田穣治(Contrabass)
[from ショーロ・クラブ]

越智泰彦(E. Bass)
立島直記(Bamboo Marimba)
谷川賢作(Piano)
1.大いなる河

2.河を渡って Part1

3.大きな魚の幸福

4.二羽の騒がしい鳥

5.飛行するこがね虫 flyingchafer

6.河の色~マングローブ

7.たくさんの蝶

8.葉切り蟻の行進 ;antmarch

9.河を渡って Part2

10.手の長い猿の思惑 ;monkey

11.ノアへの返答

12.月
制作するにあたって、たくさんのイラストを描きました。 曲のイメージや楽器の配置図などを、思いついた時にノートやスケッチブックに走り描きしていたもので、それらのイラストを基にCDの音作りをしていったのです。 イラストが譜面代わりでもあり、音楽は架空のサウンドトラック盤をつくっている感覚でした。
大きな魚の幸福

「大きな魚の幸福」(「モルフォ」3曲目)
大きな魚が河の中をゆっくり進んでゆきます。クルリと方向を変えただけで、水の流れが変わります。
飛行するこがね虫 「飛行するこがね虫」(「モルフォ」5曲目)

こがね虫が飛行する時の、羽根のメカニズムはすごいです。
のそのそと歩いていたかと思うと、突然背中が割れて、羽根が飛び出すのですから。
背中を閉じた後、羽根が少しはみだしたりするのもご愛嬌です。

そんな様子を音にしました。
マングローブ 「マングローブ」(「モルフォ」6曲目)

マングローブは、河の支流に入った時に見た光景が印象的でした。
満ち潮で水位が高い時は、葉の部分まで水に漬かっているのですが、引き潮で水位が下がって幹(?)の部分がむき出しになった時、その細い足で、ダンスをしそうに思えたのです。

「河の色」というショーロクラブと一緒に演奏している曲の後半に登場します。
葉切り蟻の行進 「葉切り蟻の行進」(「モルフォ」8曲目)

葉切り蟻は、木の葉を円形に切り取り、自分よりも大きなその葉をくわえて巣まで運びます。
たくさんの蟻が一方方向に列を作って運ぶので、きれいなみどり色の筋ができるのです。
それはそれは賑やかで、美しいのです。
手の長い猿の思惑 「手の長い猿の思惑」(「モルフォ」10曲目)

なまけもの、という動物とベレンの公園で会いました。
彼とは10分間位の向き合っていましたが、全く動きませんでした。
固まっていたようです。

この曲では、そんな彼が実は心の中では大慌てで、はやくはやく動いているー!!・・・(つもり)、という設定で作ってみました。
CD「モルフォ」の通販のお問い合わせは、このホームページのMAILから承ります。