妖怪探訪記

ブナガヤ探訪記 ブナガヤ探訪記はこちら いわき市常磐長孫町の河童伝説 いわき市常磐長孫町の
河童伝説はこちら
佐渡のムジナ 佐渡のムジナはこちら プチ探訪記 プチ探訪記こちら
島根県松江市のラフカディオ・ハーンの旧居を初めて訪れたのは、1967年、9歳の時です。父に頼んで、当時住んでいた広島からバスに乗っての連れてもらったのを憶えています。ルートの地図を絵に描いたものが残っているくらいなので、当時としては嬉しくてたまらない出来事だったと思います。ラフカディオ・ハーン、小泉八雲の「怪談」は、単に怪奇談にとどまらず、日本の風土を強く感じさせてくれる物語として、こども心にも深い感動をもたらせてくれました。
これは1969年小学校5年生の時に作った紙芝居です。この頃はこのような紙芝居をたくさん作っていました。筋書きはかなりめちゃくちゃなものだったと思いますが、紙芝居の筋を考えるためにいくつかの話を集めたのが楽しい思い出で、後の妖怪探訪の出発点だった気がします。きつねの話には、幻想的、神秘的な情景が多いのですが、たぬきの話は、とてもトンチや風刺が効いたコメディタッチのものが多くあるようです。前年1968年には、大映映画の「妖怪百物語」「妖怪大戦争」などが封切られ、夢中になりました。
江戸時代に、稲生武太夫なる人物がいました。こどもの頃の名前が平太郎、彼が16歳の時に体験した、妖怪にまつわる不思議な話をまとめた物語「稲生物怪録」が広島県三次市にあります。江戸時代中期の寛延2年(1749年)5月夕刻、稲生平太郎は権八という相撲取りと比熊山に行き、肝試しを行います。そのことによって7月1日からの30日間、二人に降りかかる世にも不思議な怪異現象が記載されています。そして、それらの試練をを乗り越えた30日目に、妖怪の親分格の山本五郎左衛門より健闘を称えられ、魔物たちは大名行列のごとく立ち去った、という物語です。
妖怪探訪 序文 へ 妖怪イラスト へ